RCショップ

スピードコントローラーも各種取り揃えています。

ドローンの人気が高まっていることもあり、ラジコン飛行機に関心を持つ人が増えています。

 

 

自由に飛行できるようになると、楽しみも増えますが初心者の場合はどんなものから購入すれば良いのかどうかもわからないという悩みもあります。

 

 

専門店で商品選びをアドバイスしてもらうという方法もありますが、模型飛行機やラジコン飛行機の専門店はそれほど多くありませんので、近くに良いお店がないという人もいます。そんな場合は全国どこからでも注文できるオンラインショップが便利です。

 

 

ラジコン飛行機やドローンを販売するお店はいくつかありますが、安心して購入するのであればリトルベランカに注目してみてはいかがでしょうか。

 

 

リトルベランカは、ラジコン飛行機専門のRCショップで海外国内一流メーカーのモーターやリチウムポリマーバッテリーなど様々な商品を提供しています。こちらは大人向けの商品を提供するお店ですので、大人世代にも満足できるのではないでしょうか。

 

 

サイトには実に多くの商品が紹介されていますが、まったく初心者となると何を選ぶべきかでも迷ってしまいます。

 

 

そんな場合は、まずは初心者向けのページを確認することがおすすめです。

 

 

初心者の場合は操縦に慣れていないこともあり、高価な機体を購入しても、落として無駄にしてしまう可能性もあります。

 

 

それゆえ、最初はまずはシミュレーターで練習をしておくことがおすすめです。サイトでは、練習に役立つシミュレーターも用意されていますので、まずはこちらから試してみてはいかがでしょうか。

 

 

シミュレーターで慣れたら、実際に飛行に挑戦することになりますが、こちらでは初心者でも飛ばしやすく壊れにくいタイプのスタータパックも用意されています。

 

 

入門におすすめの期待と、そのほかに準備するものも紹介されていますので、初心者にも安心して商品選びができます。

 

 

すでにラジコン飛行機に慣れている人なら、自由に商品を選ぶことができますが、カテゴリー一覧ページを利用すれば効率よく商品を選べます。

 

 

新規会員登録をしておくと、次回からのお買い物がより楽になりますし、すぐに使えるポイントも付与されますし、メルマガで最新の情報を得ることもできます。

 

 

実際のフライトの様子は動画でも見ることができますので、こちらもチェックしてみましょう。

 

 

ラジコン飛行機はもちろん、人気が高まるドローン関連の商品も充実していますので、ドローンがお好きな方も満足できるのではないでしょうか。

ワクワクドキドキ♪子供のころの思いを夢に。

自由に大空を飛んでみたいと空に憧れる人は男女問わず多いことでしょう。

 

 

しかし、その夢を叶えられるようにハンググライダーで空を飛んだり、パイロットの職業に就いて空中を飛ぶ人はごくわずかです。

 

 

そんな大それたことをしなくても自分で模型飛行機を飛ばしてみれば、空を飛びたい気持ちに近づくのではないでしょうか。

 

 

子供の時から、女性に比べて男性が模型飛行機に興味を示す人が圧倒的に多いです。

 

 

リトルベランカはインターネットとリアルショップを中心に、ラジオコントロール飛行機及び、その関連商品を営んでいる会社です。

 

 

小売りだけでなく、卸しも手掛けています。模型飛行機を飛ばすには誰でも最初からは、うまく飛びません。

 

 

操縦を覚えていないと何機もの飛行機を落としてしまいがちです。昔は操縦の上手の人に教わり、失敗を繰り返しながら操縦方法を覚えたものでした。

 

 

今はパソコンを使って、シミュレーターが操縦方法を教えてくれて、それが先生の代わりをしてくれますから、便利になったものです。

 

 

それで、初めて使う人でも6〜7時間ぐらいをシミュレーターで練習を積めば、必ずと言っていいほど初フライトからラジコン飛行機を飛ばせるようになります。

 

 

最初は離着陸を習得できるように練習してください。シミュレーターで飛ばせるようになったら、「マスタースティック」を使用することをお勧めします。

 

 

これは安定して飛んでくれるので、誰からも飛ばしやすいと好評です。

 

 

上周飛行はもちろん、旋回時の巻き込みも無理なく、確実に練習することができます。

 

 

主翼裏側の白黒模様が鮮明なため大変視認性に優れているので、裏表を見間違えることは絶対にありません。

 

 

ラジコン初心者に対して適した構造となっています。最近のモーターバッテリーの進化には驚くものがあります。音が静かで手を汚さないし、芝も汚さないので、電動機の人気が高まっています。

 

 

フライトシミュレーターで十分に練習し、パソコンの画面の中で離着陸、ループができるまでにしましょう。

 

 

初めて外で実際に飛行をする時は、天候と本人のコンディション、それから機体の性能にかかっていますから、天候と本人のコンディションはベストな時を選んでください。

 

 

最初に作った機体は自分は完全だと感じるかもしれませんが、そうではありません。

 

 

ダウンスラストやサイドスラストなどの部分はラジコンの経験が長い人にやってもらったほうがいいです。

 

 

たとえ最初はうまくいかなくても、経験を積めばしだいに上手になるものです。

 

 
inserted by FC2 system